top of page

後沢二区自治会にて健康講座が開催された!

令和5年7月16日(日)10:00-11:00まで後沢二区自治会にて健康講座「認知症を正しく理解しましょう」が開催され、20名の方が受講されました。

前半の講義では認知症に名称が変わった理由を日本の歴史から解説、気仙沼圏域の施設待機者数から想定されること、覚えられない・忘れていくことの不安、症状の背景に隠された気持ち、予防の考え方…など学んでいただきました。

また、要望があった介護劇では「大切な財布がない、盗まれた編」を披露。ありがちな対応と理想的な対応の違いを理解していただきました。何気ない一言や言い回しが認知症の方の不安を緩和させることに繋がります。介護劇を通して「説得ではなく納得してもらう」方法を選択する大切さを学んでいたけたのではないでしょうか。

同地区の開催は2回目です。今後も継続的に認知症を学ぶ機会を作っていきたいと思います。(介護劇の動画はこちらから↓)


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page