top of page

歌津中学校全学年に認知症サポーター養成講座を開催!!

令和4年11月28日(月)14:00-15:00まで歌津中学校全学年87名に認知症サポーター養成講座を開催しました。今回企画していただいた担当の先生が、平成27年9月に中学校での講座開催に率先して協力していただいた先生でした。

(当時の報告より➡)

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=pfbid02n5mRoTcVd23uTJXKqBJafroN7R6XHT8CDEJpwJRJ4D3BqZShqAS8WKRLKwjnAwPzl&id=235239393267430

あの頃はどこの小中学校もカリキュラムは変えられない…と企画に二の足を踏んでいた時期でした。それが今では南三陸町を始め気仙沼市内の小中学校で積極的に企画してくれるようになりました。強い絆を感じつつ、地道に活動を続けてきて良かったと思いました。


講座は1年生から3年生までの全学年が対象になっておりましたので、認知症=高齢者の不安や不自由さをどのように想像してもらうか…全学年にわかりやすい言葉で伝えることは難しかったですが、身近なエピソードを交えながら優しい気づきのポイントについて学んでいただきました。

中学生は成長期であり「これからできなかったことが、どんどんできるようになる」わけですが、高齢になって「できていたことが徐々にできなくなっていく」…そういう姿を今から想像してもらうことが大切だと思います。

例外なく誰もが老いていき、必然的に認知症の状態になっていくわけですが、私たちはそういう老化現象(老いること)をきちんと学んできませんでした。

老いることを学ぶことで認知症になった時にどのようなことが難しくなるのか、どのようなことが不安になるのか…等について講座を通して考えるきっかけになればと思います。




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page