top of page

第108回定例会ONLINEミーティングを開催!!

令和5年4月26日(水)19:00~20:00まで第108回定例会ONLINEミーティングを開催しました。

★報告事項から。3月31日(金)19:00-20:30まで第一三共主催の「気仙沼の将来を考える-地域で取り組むトータルマネジメント」が開催。認知症啓発活動で意識して伝えていることについて発表したとの報告がありました。

★今後の活動として。新年度も様々な県警団体からの講座依頼を受けています。決定次第報告していきます。

★本日の研修は「認知症高齢者へのレクリエーション(リハビリ)」についての講義。

その目的や効果などの解説と認知症対応型通所介護での実践を紹介していただきました。

「ワクワク」「ドキドキ」するような好奇心に繋がる内容を取り入れ、また来たい、ここにいたい…と思ってもらえるように意識している。また、利用者の方が不安に陥りやすい時間帯だからこそ意図的に、かつ集中的に声がけ、主役になれるような役割や雰囲気を作り出しているそうです。そして、そこでの表情や姿を家族に知ってもらうことにも写真やパンフレットを用いて報告しているそうです。やはり活動の可視化は家族にとって安心に繋がっていくものだと改めて感じました。

最後に医療と福祉分野でのリハビリの目的、視点の違いは何か…等の意見交換をしました。

次回は兼ねてより要望があった「権利擁護」について専門家を招いてお話いただく予定です。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page