第95回定例会ONLINEミーティングを開催!!

令和4年2月16日(水)19:00~20:00まで、第95回定例会ONLINEミーティングを開催しました。

★まずは報告事項から。前回(94回)のONLINE研修では新型コロナウイルス(オミクロン株)の解説から傾向と対策について検討会&各メンバーからの近況報告と他県施設の動向について意見交換があったことの報告がありました。

★今後の活動予定として、2月25日(金)14:40~16:10気仙沼医師会附属准看護学校1年生への認知症サポーター養成講座(認知症看護3回講座の最終回)。3月1日(火)10:00~11:30南ヶ丘自治会への認知症サポーター養成講座が予定されています。

★ONLINE研修は「認知症疾患医療センターの役割:相談員の立場から」についての講義。

・認知症相談員として患者や家族の関わりで意識していることは何か。

・認知症相談において、どのような要素に注目しながら聴取しているのか。

・認知症相談員はなぜ時間を費やし、いろいろな情報を集めて、時系列に整理して、人となりを想像できるように努めているのか。

・地域啓発において意識して伝え続けていることは何か。

…などの説明がありました。

後半はある事例を基に「独居の認知症高齢者の権利擁護」について協議と病院、施設、ケアマネの立場からの介護保険制度に関する課題について意見交換しました。


閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示