階上公民館主催のシリーズで学ぶ認知症講座が開催!

令和3年1月27日(水)13:30~15:30まで、階上公民館主催のシリーズで学ぶ認知症講座が開催されました。「高齢化社会にいきる~いつまでも自分らしい生活を」をテーマに3回シリーズで行われます。公民館館長様より「気仙沼のコロナ感染状況を鑑みて前日まで開催するかを迷っていた。これからの高齢化社会において自分たちの目の前に迫る認知症についてしっかりと学びたい。20名の方の応募もあり講座の期待が大きかったことも考慮して、最大限の感染対策を講じて開催に踏み切った…」と熱い思いを話しておりました。

体温、行動歴等の聴取、マスク着用、飲食禁止、手指消毒、ソーシャルディスタンス、換気しての開催のための防寒服の着用等の徹底した対策でした。

第1回目は認知症サポーター養成講座。前半は現在の高齢化率・人口の推移・市内の施設待機状況等の統計の解説、介護を受けたい場所・最後を迎えたい場所のアンケート紹介、認知症の症状等について学んでいただきました。

後半は2つの介護劇を行い、その後、地域住民がそれぞれの空き時間を利用して交代で一人の認知症高齢者を支えているドキュメント映像を視聴していただきました。

参加者の中には民生委員の方もおり、実際に民生委員としてどのように動き、役割を果たせばよいのかヒントになったようです。

・第2回目は2月10日(水)同時刻より「ステップアップ講座」①いろいろな認知症 ②家族ケアの2部構成を予定。

・第3回目は2月24日(水)「認知症予防」を予定。

それぞれJFKのメンバーが空き時間を利用して交互に担当していきます。






21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
1/15