特別養護老人ホームで認知症研修が開催!

平成29年8月28日(月)18:30~20:00まで。市内特別養護老人ホームで認知症ケア研修会が開催されました(約40名参加)。 平成25年に同施設で認知症サポーター講座として講義を担当させていただいた縁で今回も声をかけていただきました。前回開催から4年の経過で職員の入れ替わりもあり、今回改めて新人職員への知識習得とケアの資質向上目的で企画されました。ただ認知症の考え方は一度の研修で理解できるはずもなく、まして人間の複雑な生き方を学ぶことはできません。マニュアルのない認知症ケアは専門職にとって生涯学習でなければなりません。定期的に認知症を深く学び続けることができる研修体制を提案させていただきました。 第1回目は認知症の考え方を含む基本知識とケアにおいて「道しるべ」となる理念(PCC)について伝えてきましたが、皆さんは今回の「学び」をどう感じたのでしょうか…。 今後、シリーズで学ぶ認知症研修の企画を検討中とのことですので、次回は特徴的な症状から人間性やケアについて考えていただきます。(遠藤)

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示