市内の通所施設で認知症講座(3回目)を開催!

平成30年5月25日(金)18:15~19:15まで市内の通所施設で認知症講座(3回目)が開催されました。今回は約20名の介護家族、関係者が集まり、「認知症予防」について学んでいただきました。 ★こんな質問があります、「認知症を治したい、よくなる薬を飲みたい…」と。では「認知症は”病気“なのか?」という問いから始めました。 認知症は“誰でも加齢とともに経験する状態”であることを認識し、自分のこととして真剣に向き合う必要があると覚悟をもっていただきました。 その覚悟と向き合っていくことを前提としたうえで、避けられない認知症状態の発症と進行を遅らせる考え方として、エビデンスは確立されていないが、様々な脳トレ、運動、食事、社会活動等のライフスタイルを若い時期から習慣づけておくのは望ましいかもしれない…と伝えてきました。 そして最後に「住み慣れた地域で自分らしく暮らし続ける」とは何か?…「住みたい環境」が必ずしも“在宅“とは限らないのではないか…。では「そこ」はどこなのか、について考えていただきました。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
1/15